お手入れと取扱い

パワーストーンを処分する方法(捨て方)

更新日:

パワーストーンの処分

あなたは不要になったパワーストーンを、どのように処分されていますか?

力を使い切ってしまったパワーストーン、また、願いが成就し、役目をはたしてくれたパワーストーン、それらはいつかは処分しなければならない時が来るでしょう。

しかし、今まで本当にパワーストーンの力に助けてもらってきた大切な宝物であるため、正しい方法で処分すべきだと感じますよね。

ここでは、パワーストーンの処分の仕方について解説していきます。

 

※当社でもパワーストーンの無料処分を受け付けているので、ぜひお気軽にご利用ください。

↓↓↓

LINE

パワーストーンの処分受付

■パワーストーンはいつまでも使えるという訳ではない

パワーストーン処分

パワーストーンは、宝石とまではいかず、天然石であることから、月日が経つと色褪せてしまうものです。

そのため、宝石とは異なり、時間の経過とともに色が変わる、また、あなたの力になった証で割れてしまうこともあるのです。

このように、色が変色してしまったり、割れてしまったパワーストーンの効果は、「力がなくなってしまった」と解釈されます。

しかし、あなたを照らし続けてくれたパワーストーンに対しては、最後は感謝の気持ちを持って処分したいと感じる方が多いでしょう。

では、その処分の方法についてご紹介します。

■パワーストーンの処分の方法とは?

最近ではお洒落の一環としてパワーストーンを身に付ける方も増えています。

一方で、願掛けのために身に付ける方もいるため、パワーストーンは、私たちの願いが込められている石であることがわかります。

例えば、仕事運アップ、金運アップ、健康運アップ、恋愛運アップなど、様々な目標達成に導いてくれたという方も多いのではないでしょうか・

ここまで大切に身に付けていたパワーストーンですから、正しい処分方法で処分するようにしましょう。

〇願いが成就したり、あなたを守る守護石の役目で割れてしまった場合

パワーストーン捨て方

気が付いた時に、すでに石が割れていたという経験があるという方は意外にも多いと思います。

実際、パワーストーンは、願掛けしていた願いが叶った後や、あなたが満足な気持ちになった瞬間に割れてしまうということがあります。

それが、パワーストーンの役目を果たしたというゴールであると言えます。

〇浄化をしてから捨てる

パワーストーンを捨てる際は、浄化をし、綺麗な状態にしてから処分することが望ましいと言われています。

自分自身の念が詰まったパワーストーンですから、未練などが残ることのないよう、浄化を行い、塩をふり、今までパワーストーンにお世話になった感謝の気持ちを込め、言葉で「ありがとうございました」と伝えた後、優しい気持ちで手放すようにしてください。

〇浄化方法は?

パワーストーンの浄化

パワーストーンの浄化方法は、流水で流した後、太陽光に当て、半日から1日程度日光浴を行い、浄化を行ってください。

その他、天然塩・セージを使用し、煙に30〜1分燻し、浄化しましょう。

そして、最も簡単な方法は、海水などの塩水を使用し、一晩パワーストーンを休ませて浄化してください。

いずれかの方法で浄化を行ってから処分しましょう。

 

パワーストーンの浄化とは?

ご自身での浄化している時間がないという方は、ぜひ当社にご連絡ください。

LINE@からご連絡いただければ、無料で対応させていただきます。

↓↓↓

パワーストーンの処分受付

〇燃えないゴミの日に捨てる

そんなパワーストーンの処分方法は、燃えないゴミの日である不燃物の扱いで、通常通り捨てましょう。

ブレスレットやストラップなどにパワーストーンを使用している際は、金具などのパーツはすべて外し、石だけの状態にした後、白い布や紙に包み、そのままゴミとして処分すると良いです。

実際には、それが一番簡単な方法であり、炎によって浄化することができないというものは存在しないため、あなたの気持ちを込めて処分すれば良いと言われているのです。

そして、どうしてもそれが心苦しいという方は、捨てる前にまずは「浄化」を行いましょう。

これは、もしもこのパワーストーンが再び誰かが使用することを避けるため、浄化を行うのだと言われています。

不燃物、可燃ゴミとして処分する

ブレスレットなどは、金具パーツやゴムなどが、使われている事が多いので、それらを外します。石だけの状態に戻したら、白い布や紙などに包みます。

その際、少量の天然塩も一緒に包んであげると良いと言われています。

お住まいの地域によっては、石の分別処理の方法が異なる場合もあるため、事前に確認してから、ゴミとして処分してください。

〇土に埋める

また、地面に埋めるという方法をとる方は、自分の保有している自宅の敷地内に埋めるようにしてください。

マンションにお住まいの方であれば、自宅のベランダにあるプランターの土の中に埋めても良いでしょう。

河川や海に投げ捨てるのはやめましょう。

これは、魚がパワーストーンを餌だと勘違いして誤飲してしまう恐れがあるためです。

その他、公園などは公共施設であることから、そのような場所に埋めることも避けるようにしてください。

〇どうしても捨てられないという方は

ブレスレットやピアスなどアクセサリーとして水晶玉等パワーストーンを使用している場合は、一旦金具をはずし、石だけの状態にしたら、そのまま浄化を行いましょう。

浄化を行うことで、以前の念を完全になくした状態から使用することが必要です。

また、どうしても捨てられないという方は、神社やお寺で供養してもらい処分するという方法もあります。

パワーストーンの石のみを受け入れてくれることもあるため、金具はすべて取り外しておきましょう。

この時、すべての神社やお寺でパワーストーンの供養をしてもらえるかが分からないため、事前に電話等で相談し、確認してから持参するようにしましょう。

〇購入したお店に問い合わせる

パワーストーンを処分する際、捨て方に困った時は、購入したお店に直接問い合わせを行い、相談してみましょう。

もしかすると、購入店が無料で引き取ってくれる可能性があります。

販売店は、少量の石であれば引き取りを行い、とりまとめて神社で供養を行い、その後、処分してくれるところもあります。

あなたがパワーストーンを購入したお店で引き取りしてもらえるかどうかは分かりませんが、まずは一度問い合わせてみるようにしてください。

自分で処分するとなると何だか可哀想に思えてしまい、なかなか手放せずにいるかもしれないため、それが一番安心して処分することができる方法かもしれませんね。

〇自然に返してみる

パワーストーン自然に戻す

パワーストーンはそもそも自然の中から採掘したものであることから、役目を終えたパワーストーンは、山林などにそのまま自然に返すという方法がベストだと言えます。

自然に返すことで浄化を行い、自然界の中で再び生きていくことができるでしょう。

自然から生まれたものを自然に返すことは、パワーストーンにとっても本来の姿であるのかもしれませんね。

しかし、現代社会においては、大量のパワーストーンを放棄することで、不法投棄となるため、そう簡単に行うことも難しくなっています。

それに、感謝の気持ちを込めて自然界に返したつもりでも、誰かに石を拾われたためにそれが持ち帰られてしまうということもあります。

パワーストーンの処分の方法や捨て方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

パワーストーンはとても強い力を持つものが多く、あなたを災難から守ってくれるものや、願いが成就するもの、さらに、プラスエネルギーを与えてくれるものまで様々です。

それだけ長く身に付けていたパワーストーンですから、簡単に処分するという気持ちになれないのも分かります。

その場合は、上記のいずれかの方法を実践し、パワーストーンの処分を行いましょう。

最後は「感謝の気持ち」を忘れることのないよう、きちんとパワーストーンに言葉で伝えてくださいね。

どうしても自分で処分するのが不安な場合は、プロの私にお任せください。

↓ ↓ ↓

LINE

パワーストーンの処分受付

パワーストーンのトリセツ漫画1

漫画の続きはコチラ⇒

 

_____________________

【5つ星のパワーストーン販売ページ】
https://to3zawa.stores.jp/

 

宝石やパワーストーンについてこんな噂を聞いたけど、本当はどうなの?

他社の商品で気になっているものがあるけど、本当の価値が知りたい。

ちょっとした疑問があるけど、どこに聞いていいかわからない。

もっとたくさんの知識を身につけたい。

など、宝石やパワーストーンのことならなんでもご相談ください。

LINE@から質問してくれれば、個別の対応できるのでぜひご登録ください。

お待ちしています!

すでに100名近くの方が、個別相談されています。

LINE

↑ 無料で1クリック登録。

LINE

↑ カメラで読み込んで無料登録

 

富澤 直通電話
090-9803-7370

-お手入れと取扱い

Copyright© パワーストーンのトリセツ【富澤宝石店】 , 2019 All Rights Reserved.